skip to Main Content

YouTubeの切り抜き動画はなぜ儲かるのか。切り抜くポイントを探せ

「短い時間で面白い部分ばかりを見れる」「効率的に視聴できる」などの理由から、YouTubeの切り抜き動画が人気です。アウトラインやタイトル、サムネイルなどにこだわり、切り抜き動画で多くの収入を得ている方もいます。

しかし、人気のYouTube動画を作るのと同じで、再生回数が多い切り抜き動画を作るのは簡単なことではありません。

そこでこの記事では、YouTubeの切り抜き動画で多くの収入を得るためのポイントについてご紹介します。

 

YouTubeの切り抜き動画とは

YouTubeの切り抜き動画とは、他の人が投稿した動画を短く編集し、字幕などをつけて投稿する動画のことです。編集によって、元の動画の「面白かった部分だけ」「大事なポイントだけ」などをコンパクトにまとめられるため、「効率よく見たい」「大事な部分だけを確認したい」といった視聴者に需要があります。

そのため、有名人や人気YouTuberの切り抜き動画を配信している方は多いです。

 

切り抜き動画が儲かる理由

YouTubeの切り抜き動画が儲かる理由は、「コンパクトにまとめた動画で効率よく視聴したい」「大事な部分だけを視聴できればそれでよい」といった、短く編集されたまとめ動画に一定の需要があるからです。

魅力的な切り抜き動画を作れば、多くの再生回数が期待できます。YouTubeは、切り抜き動画で得られる具体的な報酬は公表していませんが、「かなり儲かっている」「十分な金額を得ている」という声は多いです。

 

YouTubeの切り抜き動画で多くの収入を得るためのポイント

切り抜き動画で多くの収入を得るポイントを知ることで、再生回数が増えて儲けやすくなります。それぞれのポイントについて、一つひとつ見ていきましょう。

 

興味をひくタイトルとサムネイルを設定する

YouTubeの切り抜き動画で収入を得るために、多くの方が興味をひくタイトルとサムネイルを設定することが大切です。「キャッチーで魅力的なタイトル」「インパクトのあるサムネイル」などにひかれて、動画を開いたことがある方は多いのではないでしょうか。

関連動画など多くの投稿が表示されるため、タイトルとサムネイルづくりには、力を入れましょう。タイトルやサムネイルが魅力的でなければ、多くの動画の中に埋もれてしまいます。

 

構成を考える

「切り抜き動画=ただ短くまとめる」だけでは、再生回数を伸ばすことはできません。魅力的な短編動画になるようなアウトラインを考えておく必要があります。そうすることで、より面白い動画ができ、他の切り抜き動画との差別化にもつながります。

 

稼ぎやすいジャンル・配信者を選ぶ

切り抜き動画で多くの収入を得たいのであれば、稼ぎやすいジャンルや配信者を選びましょう。「元の動画が長いのでコンパクトにまとめてほしい」といったニーズのあるジャンルや配信者の動画であれば、効率的に稼げる可能性があります。

ただし、人気の配信者だとしても、切り抜き動画が非常に多く出ている場合は、再生回数が稼げずに収入にならないことがあるので注意してください。

 

追加の動画やBGM、テロップで独自性を持たせる

YouTubeの切り抜き動画で収入を得たい場合は、短く編集するだけでなく、動画やBGM、テロップなどを追加して独自性を持たせることが大切です。動画やBGM、テロップなどを入れることで、分かりやすい動画づくりができ、他の切り抜き動画との差別化にもなります。

 

YouTubeの切り抜き動画の注意点

YouTubeの切り抜き動画を作る際は、配信者が切り抜き動画を許可しているのかを確認してください。許可がないのに切り抜き動画を公開すると、著作権違反となるため注意しましょう。

配信者が切り抜き動画を許可しているのか分からない場合は、連絡を取り、掲載許可をもらってから公開してください。

また、切り抜き動画を投稿したからといって、最初から良い結果を得られるわけではありません。再生回数が伸びなくても、試行錯誤しながら継続していくことが大切です。そうすることで、知識やスキル、ノウハウが身につき、より良い切り抜き動画を作れるようになります。

 

Catchyの「YouTube動画のアウトライン」を使う

ここまで紹介したように、YouTubeの切り抜き動画は、面白い部分だけを見たい方やコンパクトなまとめ動画を見たい方などの需要があります。人気の配信者の切り抜き動画を作り、まとまった収入を得ている方も多いです。

しかし、魅力的な切り抜き動画を作るには、アウトラインやBGM、テロップ、タイトル、サムネイルなどに力を入れて編集する必要があります。そのため「切り抜き動画を公開すれば簡単に儲かる」といったことはありません。

 

切り抜き動画を作る際におすすめなのが、AIを活用したコピーライティングツール「Catchy」です。Catchyは「マーケティング」「新規事業のアイデア」「仕事の相談」「TikTok動画のアイデア」「文章作成」など、100を超えるシーンで使える文章作成や企画提案をするツールです。

YouTubeに関連する「YouTube動画のアイデア」「YouTube動画のディスクリプション」などの機能もあります。Catchyの「YouTubeのアウトライン」を利用すると、動画のタイトルと内容を入力するだけで自動でアウトラインが生成されます。

切り抜き動画や新規でYouTube動画を作る際に役立つ機能です。ここからは、実際にCatchyの「YouTubeのアウトライン」を利用して、得られる提案について見ていきましょう。

 

小学生におすすめのゲーム10選

Catchyの「YouTubeのアウトライン」で、動画のタイトルを「小学生におすすめのゲーム10選」、内容を「小学生におすすめのニンテンドースイッチのゲーム10選を紹介」と入力した場合に得られた提案は、次のとおりです。

このように、小学生におすすめのゲーム10選のアウトラインが自動で生成されますので、切り抜き動画やそうでないYouTube動画を作る際の参考になります。

 

豪華客船の旅を紹介

Catchyの「YouTubeのアウトライン」で、動画のタイトルを「豪華客船の旅を紹介」、内容を「豪華客船に乗って船内や食事、部屋などの様子を紹介」と入力した場合に得られた提案は、次のとおりです。

アウトラインに関するアイデアが増えることで、さまざまな視点でYouTube動画を作れるようになります。

 

まとめ

タイトルやサムネイル、アウトライン、BGM、テロップなどにこだわってYouTubeの切り抜き動画を作ることで、収入を得やすくなります。

AIを活用したコピーライティングツール「Catchy」では、YouTubeに関する以下の機能を搭載しているため、YouTube動画を効率的に制作することが可能です。

 

・YouTube動画のアイデア

・YouTube動画のディスクリプション

・クレイジーなYouTube企画案(家でできる系)

・クレイジーなYouTube企画案(外でできる系)

・YouTube動画のタイトル

・YouTube動画のアウトライン

・YouTube動画のスクリプト

・YouTubeコラボ動画の企画案

 

制作スピードが上がり、ビジネスチャンス拡大にもつながるため、ぜひ活用してみてください。

 

 

すべてのビジネスマンのための、コンテンツ・文章作成のコツをわかりやすく紹介するブログです。
アイディアの出し方、SNS運用、営業メールの作成コツなどを投稿しています。

Back To Top